モデルのやり方

En: How to Model

普通は新人モデルと経験者モデルと一緒に行動します。このページは特に新人モデルのために作られましたが、他の方にも参考にして下さい。私たちがあなたを雇った理由はあなたがマネキンではなく、人間だからです。モデルは基本のポーズを分かっていて、場面と自分のスタイルを良く見せ、クリエイティブであるということは当然の事として要求されます。最高のモデルは基本の立ち方、座り方のポーズを学んでおり、中にはユニークなスタイルを持ち合わせたモデルもいます。モデルを始めるにあたり、Strike a Pose というスマホアプリをおすすめします。学ぶべきことは多岐に及びますが、ここでは3つの角度:姿勢、手、顔に重点を置いて行きます。

 

姿勢と立ち方

ポーズを分かっていない状態で撮影に臨むのだけはやめてください。下記の事項を試し、完璧にして下さい。立ちポーズは通常、腰をカメラから遠ざけて曲げるのが良いとされています。重心は片方の足に置き、もう片方の足は曲げます。膝を真っすぐに保たずに、緩めたり曲げたりする方がよく見える方もいます。通常は真っすぐな姿勢を保ちます。

片方の足に重心を置き、親指はベルトの輪、肘は体から離し、肩は斜めにして頭は傾けます。

 

片方の足に重心を置き、もう片方の足は曲げてクロスさせています。膝が真っすぐな状態で重心がかかっていると見栄えが悪くなりがちです。この写真ではヒールを少し上げています。腰と肩はカメラから離れるように少し曲げており、わずかにカメラに向かって向きを変えています。

 

体をカメラから90度曲げ、やや内股、後足は曲げ、かかとは少し上げ、肘は組む、もしくは手をポケットに入れるか他の場所に置きます。頭は下に傾け、カメラの方向に向け、カメラを見ます。

 

カメラから向きを変え、カメラに近い方をやや上げて振り返り、カメラもしくはカメラの後ろを見ます。

 

手と肘

特に大きい手の方はカメラに手の幅が写らないようにして手の側面を見せるようにしましょう。これは手を顔の側に置くポーズの際に重要になります。

指は顎、髪、耳の後ろ、肩などに置くのが最適とされています。肘と手に重心を置くのは絶対にやめましょう。

肘はいつも曲げます。腰に手を置くのは絶対にやめましょう。肘を押してしまうのも太って見えてしまうので避けましょう。

 

顔と頭

モデルの多くが表情に苦労します。ポーカーフェイスが上手く出来る方はたくさんいますが、見る側はもう少し表情を求めます。偽りのない感情が求められます。例えば、本当の笑顔には笑い皺が見えます。そうでなければキャビンアテンダントの笑顔は素敵であっても偽りとなります。本物の笑顔を持ち合わせているのならば、メイクさんにお願いして楽しませてもらいましょう。本当の幸せな表情が出てくるはずです。

1つ以上の表情を持ち合わせましょう。変化に富んだ感情や思いを伝えられるように勉強しましょう。最高のモデルは芝居経験がありますが、日本式の異常に強い感情表現は外国人にとっては不自然で現実味がないのでここでは求められません。

 

頭はカメラから離れるように傾けるのがよいとされています。カメラに向かって傾けると見る側に親近感を感じさせますが、離れるように傾けることによって写真を覗いているような、またスナップ写真のように見せる事が出来ます。カメラ目線とそうでないのでも違った感情や印象を与えます。

 

撮影中は表情の幅を決めるのに苦労するかもしれません。その時には他のモデルやメイクさんに話し、Andrewとカメラは気にしないようにしましょう。他のモデルやメイクさんに質問をして学んだり、ただ冗談を言っても構いません。そうすることで偽りのない会話になるのです。

 

もっと知りたい方はJen BrookによるDear Model , Digital Photography School,  Google+ではFlickr Group of Great Modelling Poses, For the Love of Dresses community,my 500px favourites, とShine by Threeそしてアプリが欲しいという方のために, スマートフォンのアプリもありますのでストアをチェックしてみてください。 興味がある方は、a blog post of models doing 19 poses in 30 secondsも参考にしてみて下さい。

 

は: モデル求人.